ワイヤーを使った無痛の巻き爪治療

・巻き爪と陥入爪(かんにゅうそう)の説明


き爪と陥入爪の症状と従来の治療

「巻き爪」「陥入爪」それぞれは別の病気なのですが、合併することも多く、その場合、痛みが強く治りにくくなります。

最悪の場合、骨まで化膿してしまうことも。(非常に稀なケースですが)
そのため、爪の幅を狭くする手術や、爪そのものを取ってしまう手術が行われることもあるのです。

しかし、この方法では、食い込んでいる部分を切除してもまた爪が巻いてきたり、爪幅が狭くなったり、無くなったりすると、歩行や運動に影響が出ることもあります。


・ワイヤーを使った「巻き爪」矯正治療

 

巻き爪治療用の弾性ワイヤーを爪の先端に通しその復元力で矯正するものです。

 

爪の伸びた部分に処置をするので痛みはありませんし、入浴や、その他の制限もありません。


・実際の治療例